キャンプとマグロと、調律と.



Holosophy®仲間のご夫婦のお誘いを受けて、久しぶりにキャンプに行ってきました。


車を1時間半ほど走らせ...知る人ぞ知る、というキャンプ場へ。

直でたき火ができるという、珍しい所みたいです。



私自身、あまりアウトドアな生活をしてこなかったので...

キャンプとなるともう、小学校以来かも??

なので、「どんな格好したらいいんだろう!」と準備からもう、遠足気分でした。笑



はじめての山道を超えて...

ナビに奇しくも逆らってしまい、行きはとんでもない道を走らされました。


千と千尋、神隠しにあうんじゃないか?!ってくらい...

「どうしよう、行きっぱなしで帰れないかも、、」と不安になりながら、なんとか辿り着くことができました^^



とても涼しくて、抜けるように気持ちいい。

野辺山の近くだったのですが、まさに「汽車ぽっぽ牛乳」のラベルの風景そのもの!

興奮してしまいました^^


そして到着するなり、愛犬ハナちゃんと戯れつつ...

ご飯炊いたり、牛すじシチューいただいたり。

生のとうもろこし、焼きとうもろこし、野辺山の「雲の上のトマト」に焼き鳥に親子丼に...

あ、その前にも腹ごしらえに八ヶ岳プリン頂いたり...

思い返すと、ずっと食べてました。笑











私はというと、最近佐久でおもしろい方と知り合い、とあるマグロを手土産に持って行きました。


築地で卸をされていた関係もあり、佐久に移住してマグロを販売している「魚のぶ」さん。


銀座でも値段がつかないような希少部位「ツノトロ」を破格で卸してくれたり、注文するとあれこれおまけをつけてくれ...

こんなにいいんですか!?が満載の、マグロ愛の熱いゆかいなおじさんです^^


今回も予算に合わせて見繕ってもらったのですが、

ツノトロ、中トロ、赤身、ホホ肉...こんなにいいんですか!?とたくさんおまけしてくださいました。


私自身、マグロは苦手だったのですが、特にこの「つのとろ」を頂いたときは感動してしまい...!

見た目と、匂いと、舌触りと...

とても上質なあぶらなのが分かりました。


食べても胃もたれしないし、口に入れた瞬間、溶けていく。

はじめての体験でした。


なので、今回もその場で解凍してみんなで頂きました。

おいしかった...!!

途中、あぶったりして変化を楽しみながら。

お塩だけでも十分美味しかったです^^




そして他愛もない話をしていたら、もうあっという間に夕方に。


「鹿が出ちゃう!」と急いで帰り支度を。

ありがたくも途中まで送ってもらい、ついでにもっと安全な道も教えてもらい(笑)、後ろ髪をひかれながら帰りました。


帰路の景色もとても美しく...

ため息つきながら、帰りました^^




キャンプっていろんな楽しみ方があって。

今は手ぶらで出来たり、ホテルみたいなタイプのものがあったり。


いろいろあるけれど、やっぱりスタンダードはいいよね〜という話もしていました。


灯かりも最小限で、夜を楽しんで。


ちょっぴりの不便を、楽しんで。


清潔すぎない、何かを楽しんで。

(落ちたもの食べたりとか笑)


夜の音や光、温度...そんな当たり前のものをテント越しに感じながら。


朝の気配も全身でしっかり感じ、目覚めて。



時計の針を合わせるみたく、体内の見えない調律を、自然の動きが正してくれる。

だから、心地よくて癒やされるんだろうな^^


久しぶりにHolosophy®仲間と会って、あれこれ話せたのも、私にとってとても癒やしの時間でした。

ありがたい存在です^^



今回は泣く泣く日帰りで帰りましたが、今度は泊まりで行きたいなぁと思います。

さて、今度はどんな手土産を持ってこようかな?^^


(運転疲れと寝不足?で、むくれてる私。笑

恭ちゃんありがとう^^)