久しぶりの登山.



茂来山に登って来ました。


山に登るのは、学校の行事以来?!と思っていたけれど...

そういえば10年前(!)に高尾山に登ったことがありました。


当時、ミシュランに載ったとかで話題になり、ミーハー心で挑戦。

と言っても、はじめてだったので普通のスニーカーで、1時間しないくらいの登山でした。

なので、本格的なのは今回がはじめてだったかもしれません^^



「山のアトリエ朝の会」で知り合った方々とご一緒に。

アウトドアな趣味って、なかなか一人じゃ始めづらいことが多いので...

こうしてお誘いいただけることが、とっても嬉しいし、ありがたい限りです。


(前日にスポーツショップで調達。足の3D計測もしてもらえました...!)



待ち合わせをして、朝7時頃~登山開始。


はじめは、森の深い空間に、大興奮!

ちょうど雨上がりだったので、土は湿り、草木は呼吸するように薫っていました。

落ち葉が蒸され、発酵しているような感触に。


「あ、『畑は土が大事、土作りから』って言われるけれど...自然のリズムではこうして連携し合い、土が作られ、循環してるんだなぁ...」としみじみ感じました。

微生物たちの、宝庫。


(きのこを見つけ、激写。笑)


地面や周囲の草木・虫たちに心奪われながら登っていたけれど、それはまだまだ余裕があったからのようで...笑


徐々に息が切れ始め、きちんと呼吸のリズムを整え、深く「吸って・吐く」をしないとしんどくなって来ました。


途中、何度か休憩しながらでしたが...

急な勾配の所では、私、真夏にお散歩してる犬のようになり(笑)恥ずかしいけど、止めたら死んじゃう!、というダブルパンチでめちゃくちゃ苦しかったです...



あともうちょっと、もうちょっと、を繰り返し...ついに山頂へ。

片道、2時間くらいでした。



こんな地上高くまで...!という感動で、しばらく呆然。


山って、綺麗。


青々としてて、山脈がなめらかな海のようで、潤っていて、ため息が出る。


そして、足腰使って、心臓もげそうな思いをして(笑)苦しみながら登ったからこそ...

この景色が見れるということ。


ヘリコプターかなんかで、急にひょいっと山頂にたどり着いたら、こんな感動はないんだろうな。


高い・低い、

苦しい・楽しい...


そうやって波のように「差」があるからこそ、感じられることがたくさんあるんだろうな。


(自然と拝まずにはいられません。)


とか余韻に浸る間もなく(笑)、山頂ではお待ちかねの、コーヒータイム。


本当はお豆挽いて、挽きたてをドリップしたかったけれど...

とにかく荷物は軽くしたかったので、カンタンに(笑)


でも、皆さんお菓子やら、手作りゼリーやら!持って来てくれて!

お皿がなかったので、葉っぱやお花、山椒も調達して、即席おままごと状態^^


こどもの頃、こんな感覚でよく遊んだな〜!

なつかしい^^


そんな贅沢タイムを経て、いざ下界へ。


下りは下りで、また別の筋肉と神経を使うようで...

私はわりと下りの方が得意でした^^

足場を気にしながら、滑らないように淡々と下って行きました。


同じ道でも、また見えてくる景色が違い...

それもまた興味深くて、おもしろかったです^^



久しぶりに、これでもか!ってくらい汗をかいて...


吹き抜ける風で乾かされ...


心地よい疲労感とともに、登山が終了しました。



ふ〜と一息ついていたところ、

「これから温泉へ行って、額縁づくりを教えてもらうんですけど、いかがですか?」とお誘いいただき...!


二つ返事で、ついて行きました。

山から下りても、また夢のような時間が...!



つづきます。