八ヶ岳にゅう.


またまたひょんなご縁からお誘い頂き、山に登ってきました。


八ヶ岳にゅう。


にゅう??

佐久にいながらも全く聞いたことがなく、不思議なネーミングの山。

白駒池も経由する初心者向けの山登りコースでした。


朝6時に、待ち合わせ場所へ。

2度目の本格的?な登山ですが、やはり前日からかなりドキドキの私。。


今回声を掛けてくださった方とも、山のアトリエ朝の会で知り合ったのですが、しっかりお話したことはなくって。

それでもお誘い下さり、とても嬉しかったです^^



近くの駐車場まで3人で乗り合わせ、そこで自己紹介がてら雑談をちらほら。

緊張もほぐれ、心して登山がスタートしました。


前回の茂来山では心臓バクバクで完全キャパオーバーだったのですが、今回は途中までは景色を楽しみつつ、会話を楽しみつつ登ることができて。


「これは山頂まで余裕なんじゃ!?」と思ったのもつかの間。



ゴツゴツの岩たちに、むき出しで地を這う木の根っこたちに阻まれ、

ついでに雨上がりなのかぬかるんでる土も多く。。


山頂もうすぐ!のラストスパートが急で、なかなかにキツかったです。。

「何度でも登りたくて登るんだけど...この“登り”がなければいい!っていつも思うのよね〜笑」

と。


た、たしかに...



でも。


山頂につくと、そんな気分は風とともに、美しい景色に、ふっとばされます。





(富士山が...!)


すれ違う方々とは、同じ山を登ったが最後、戦友のようなもの。笑


「めっちゃきれいでしたよー」

「あともうちょっと!」

「わたし、98歳なんです、昨年の富士山登山者で最高齢なんです〜」(!)


などなど。


そんな交流がまた新鮮で、たのしい!


そして今回お誘い下さった方は、山頂(&下山後)においしいものを食べることに目がなくって。


私と友人は手作りスイーツを持っていきましたが、

なんと手作りのホットサンドに、淹れたて珈琲などなど...


リュックから目新しい器具を「ドラえもん」のように繰り出し、ふるまってくださいました。










(私は無農薬りんごのケーキと。友人はオートミールクッキーと、ミニチョコクロを!)


山の上ってなんでいつも、こんなに気持ちよくて、おいしくて、感動するんだろう...?


「カップラーメンでも、めっちゃ美味しく感じるのよね〜、あ、でもこの間の松茸のお吸い物は最高だった!」

とか、食いしん坊トークがしばらく続きました。笑




山頂の片隅で、3人で感動しながら、またまたお互いの話をして、盛り上がってめちゃくちゃ楽しくて。


ひょんなご縁だったけれど、必然のような、偶然のような...

こんな次元?で生きていられるのが本当に嬉しくって、夢のようで。


そこからは、安心して下山しつつ、またおしゃべりに興じて。

待ち合わせ場所に戻ってからも、おうちの前で素敵な景色を眺めつつおしゃべりして、解散しました。


かれこれ9時間くらい、しゃべり倒していたな...!




(色づきはじめた、白駒池!)




本当に最高でした。


人の出会いも、流れも、世の中も、いろんな意味で激しいけれど。


だからこそ、一瞬がものすごく輝いて、キラキラと感じられる。


それぞれの使命ややりたいことに、魂から従うこと。

まっすぐになること。

人とつながること。

楽しむこと。


そんな、当たり前だけど大切なことが、たくさん感じられた一日でした。


山って本当、不思議な魅力。

でもやっぱり、誰と行くかがいちばん、大事かもしれないな...^^




この日をお祝いしてくれるかのような、とても綺麗な夕日でした。

またすぐに、何度でも登りたくなります。


もっと足腰鍛えて、次の山に備えようと思います。


長くなりましたが、読んで下さりありがとうございました^^