秋土用と、身体の変化と



さて、先日から秋の土用に入りましたね(10/21-11/6まで)。


昔はほとんど暦を意識する生活をしていませんでしたが...

そもそも私たちのリズムは天体を中心として、動いています。


太陽と、月と、他との惑星と。

身体のことを調べていくうちに、そんな天体からさまざま影響を受けているんだなーという、当たり前のことに気づいていきました。




「○月○日」などの日付もよくよく見てみると...

「月」と「日(太陽)」となっています。


女性である私たちも、動物も、月のリズムで生命を育んでいる。

「月」経とも呼びますよね。


人の生死も、繁殖のリズムも、新月と満月に。

思っている以上にわたしたちも「動物」です。




さて、今回の秋土用ですが。

土用に入るちょっと前から、私自身久しぶりなくらい、大きく体調を崩してひたすら休んでいました。。


でも、よくよく考えると春と秋は、わりと体調を崩しやすいんです。

疲れがたまり、変わり目のこの時季にデトックスがてら、爆発した感じでした。笑



女性であれば、生理中にイライラしたり、ネガティブになったりする方も多いかと思います。

私もずっと、それは「生理のせいだ」と思っていたのですが...

身体を整えていくと、おのずと「元々我慢していた感情がデトックスされているだけなんだな」と実感するようになりました。


つまり、訳もなくイライラしたりはしないということ。


普段は気づかないだけで、弱ったときや毒出しのときに、出て来ているだけだということ。

それくらい、一つ一つに意味があって、無駄がなくって。

からだはかんぺきに出来ています^^



私も今回は身体と心と、変化が大きかったので数日ゆっくり過ごしました。


自分の好きなことをしたり、何もしなかったり。


編み物したり、料理したり。


行きたかったところにも、無理なく行ってみたり。



とにかくゆるやかに過ごしました。


(編み物は、無になれるので大好きです。毛糸に触るだけで癒やされます^^)



気力が満ちてくると、おのずと身体も自然と元気になっていきます。


特に、理由の分からない症状や出来事に対して、イライラするのではなく...


「なんでだろう?」とゆっくり感じてみること。


そうして、浮いて出て来たものと一つ一つ、ていねいに向き合っていくこと。


その課程でもなるべくジャッジせず、ただその事実を、受け入れること。



簡単なことではないですが、そうやっていくと、

自分の中の流れや生命力を阻んでいたものが一つずつ、溶けるように浮いて、なくなってきます。



人やものごとは変えられないとしたら、

できるのは自分自身の在り方を変えること。


そんな風に、違う視点を持つことで、それに対するストレスから解放され、ふわっと心や身体がゆるんでいきます。

もちろん、長年のものであれば難しいことでもあるので、誰かや何かに頼ってみることも、おすすめ。



そして、そんなときにシンプルに身体をととのえることも、とても大切だなと改めて感じました。


Holosophy®は、頭や心ではなく、シンプルに「身体」が動きたい方向へ、戻りたいバランスへただ整えていくような施術です。



ずっと元気な人もいないし、ずっと不健康な人もいない。


陰も陽も、プラスもマイナスも、常にその間を動いているのが、わたしたちの身体。

その「差」がないと、何も発生しません。


そして、すべてはグラデーションで、ただそのように「在る」だけです。


それを良いとか悪いとか決めているのも、わたしたち人間の価値観であり、エゴでもあります。



物事がうまくいかないときは、必ず何かが滞っていたり、止まっているとき。

人も、物も、事も、循環していることが、大切。


そんな「あそび」を人生にもたくさん取り入れて、「余白」を楽しめたらいいな、と思います。


長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます^^



さまざまな人に、感謝の気持ちを込めて。

また気力・体力を新たに、日々のお勤めや手仕事に励んでいこうと思います。


皆さまも、休めるときに休みつつ、また冬に向けて身体も心も整えていきましょう^^


(出会いもののイヤリング。ずっと探し求めているとやっぱり、見つかるものですね^^)


(アートにも触れて来ました。やはりこんなチャージも大切ですね^^)