研修の日々

さて、冬土用に入りましたね。

土用明けの立春(2/3)まで、皆さまもメンテナンスしつつ、お身体ゆったりとお過ごしくださいませ。


当サロンでも、年をまたいでの大きな体調の変化、ご家族やお仕事の変化があった方が多数いらっしゃいました。


世の中の動きと、自分自身に起きてくる流れと、これからのことと。


身体も都度、それに「沿うように」対応してくれています。

そんな負荷もメンテナンスしながら、これからのことも乗り越えられるといいな、と自分を通しても感じております。


さて、私はというと先日Holosophy® のProfessionalブラッシュアップ講座を受けてきました。



2ヶ月前にProfessional本講座を受け、新たな技術や世界観を学びました。


そのときは、本当に自分がその世界を感じ、その技術ができるのだろうか??

と半信半疑でした。。

そのくらい、壮大かつ緻密で...その場では手応えをほとんど得られないくらいでした。


それからというものの、一端そのことは置いといて(笑)

とにかく目の前のクライアントさんと向き合うのに必死だったと思います。


日々の施術の中において、目立った大きな感覚の変化がなくとも、


それでも無意識に落とし込んでいたこと、


この手を通してわずかながら感じられたこと、


そしてクライアントさんのお身体に起きた変化から、

自分なりにひたすら情報を集めていたと思います。


今回の講座では、それを摺り合わせることができ、

自分の感覚の変化にも気づくことができました。

(変化していることも、自分では全く気づかずでした)


こうして感覚を磨き、理論に落とし込む。

この先もずっと、この繰り返し。


感じることと、考えること。

その2つは両極端のようでいて、そうではなくて。

両者のパイプを繋げていくことで、

はじめて2つが活きて、1つになっていくということ。


そんな貴重なことを、施術を通して教えてもらっているありがたさも、痛感しながら。

施術は一人で行うものだからこそ、こうして指標にできる場所があることも、とてもありがいです。


道はまだまだ遠く、終わりはないけれど。

すぐには出来ない自分も、ひとつひとつ積み上げるしか方法がないことも、ようやく分かって来ました。

焦らず、凹みすぎず、適度に楽しくできる呼吸。

やはり身体に「余白」がないと、それもできないよなぁ...と改めて^^





そしてやはり、おいしいものを食べ、仲間同士で笑いながらあっとう間に時間がすぎる。

どちらも私にとって、とても大切な時間。


スマホには例のごとく、食べ物の写真しか残っておりませんが...笑


だけど、この身体に刻んだ感覚と言葉と...

また日々の施術に落とし込み、磨いていきたいと思います。


(謎のおそろいコーデ。笑 いい笑顔だなぁ...^^)