そうじのこころえ.



あっという間なもので、今日で4月最後の佐久平サロンでした。


関西で研修がある度、実家の名古屋に帰り、名古屋サロンもオープンしておりますが、

拠点を複数持ちたかったというよりも、気づいたらこういった形になっておりました。


移動の大変さもありますが、毎回こうして「区切り」を感じることで、

新たに気持ちが引き締まり、感じることがたくさんあります。


ずっと同じ場所にいると思ったり、

ずっと同じ時間が続くと思うと、


嫌なこと、目につくこと、飽きてしまうことがどうしてもあると思います。


でも、どんな形でも区切りを意識することで、「今」の大切さを噛みしめるきっかけが出来ます。


ついうっかり、永遠に物事が続いていくと勘違いしてしまいますが、

人生はきっとあっと言う間で、限りあるもの。


密度を濃くしていくためにも、さまざまな区切りは大切だなぁと感じます。


その中でも、毎日繰り返すルーティンも、たいせつなことの1つ。


身支度をととのえてから、いつものお掃除を始めます。


土を掃き、水で拭き、

火を焚き、風で流す。


場を整える行為を通して、

魂や思考そのものも、整えられていきます。



神社のように、掃き清め、祈り、

そんな層が積み重なった空間には、

張力が発生し、結界が張られるように…


施術そのものに、そんな意義を持たせるよう、毎日毎日、繰り返す。


型という行為が、見えないものを形づくっていくのを感じます。


そして、クライアントさんと共に、

施術を通して「今」という時間に身を置く。


そんな、贅沢な時間。

シンプルであればある程、純度や密度は高くなっていくもの。


自分自身もそう在りたいと思いながら、

日々のことを引き続き、編んでいきたいと思います。


さて、明日からはまた研修の日々がはじまります。

違う場所にて、違う時間を体験できるワクワクに感謝を込めて。


読んでくださり、ありがとうございました^^