top of page

それぞれの表現の先に -施術とアートと-

「Roots ~それぞれの原点~ apple nonno photo+ 絆美保工房 2人展」にお邪魔して来ました。



夕布彩画の 絆美保工房 さんと apple nonno photo さんの、コラボの写真会でした。





いつもの日常の風景の中に、堂々と、でもひっそりと...

たくさんの作品がちりばめられていました。


一つ一つみるのに、とても時間が掛かるくらい。


何度も見るたび、違ったインスピレーションが湧いてくるような...

そんな作品の数々でした。




名もない農家さんの娘ゆみさんによるランチも頂きました。



自然栽培の、精米したてのお米に。

自家製米麹をふんだんに使った発酵ランチ。

ひとつひとつ丁寧につくられた、愛情あふれるキメの細かいお料理でした。


(おもてなしに、枚挙にいとまがない美和子さん。)


合間でも、観る人と、食べる人と、おしゃべりする人と...

そして次々と入れ替わるように出入りする人たち。


私自身も、懐かしいご縁がつながったり、あらたにワクワクなご縁を結んでいただいたり...




そして、中盤には娘りえさんファミリーによる、サプライズLiveがありました!




おなじみの曲やリクエストまで...

そしてちびっ子“さく”が非常に良い味を出して暴れ回ってくれていました^^

平和で、なんて愛溢れる時間なんだろう...


そして、2日目は2階にてこっそり施術もさせてもらいました。



名もない農家さんには、本当にたくさんの方が出入りされています。

季節に沿った農と、食と、手仕事と。

関わる人たちで自然発生した、さまざまな彩り豊かな交わり。


今回も、写真だけ、イラストだけ、という方はほとんどいなくて...


世界中を旅をしたり、珈琲を焙煎したり。

絵もイラストも写真も、デザインも...染めも薬草も育苗もされていたり。


お花屋さんが楽器をひいたり、他にもダンスや歌や...さまざまな「色」を持ち合わせている方々が集まっていました。


「アーティストや職人」と言うと、何かの技術に特化したような印象を持ちますが...


自然そのものが、本来は大きな循環の中で日々めぐっていて。

その一瞬一瞬どれもが「表現」であるんだな、と感じました。


入り口が「料理」でも、しだいに食材、道具、畑、土、種...

と表現の奥行きが変わって行くように。


世界は広いようでいて、根っこはつながっていて...どこかで必ず循環し、廻っている。


職種だって肩書きだって、ひとつにおさまることなんて、ないんだろうな。


そんなことを感じました。


私自身にも、日常におけるさまざまな表現を深めていくことで、施術そのものが深まっていった、という経験があります。

自分が深化した分だけ、身体の奥行きを感じ取れるようになったり、物事がよりよく廻っていったり...

ぜんぶが繋がっているんですね。


そんなことを後から後から感じた、素敵な時間でした。

家族もみんなで、かかわって。

地元の人も、移住者も、ハートのランプでなんとなく繋がっていく。


自分が、自分らしく純度高く在ること。

ますます大切だなぁと、しあわせの余韻の中感じました。



また、忙しくめぐる季節がやって来ますね。

今年一年は長野に腰を据えて、畑仕事に田んぼに...

わたしもできる限り関わっていきたいなと思っています。


感謝の気持ちをこめて。

たくさんの方と、たくさんのものを交換し合えた時間でした。

ありがとうございました。


*当日の音源をアップします。

笑い声満載なのは、ご愛敬で...^^


(おなじ話)

(さよなら人類)

(浪漫飛行)

(旅立ちの日に)

(カントリーロード)

(上を向いて歩こう)


Commentaires


bottom of page