top of page

4月サロンスケジュール


4月サロンスケジュールを更新します。


私はと言うと、佐久平サロンを終えて名古屋へ移動しております。

東京にも滞在し、諸々の用事も済ませての移動でした。


3月ラストの施術は、いつもお世話になっている 名もない農家さん での出張施術でした。




いつもの方、お久しぶりの方...etc

また新たな出会いもあり、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。


クライアントさんとのお話からも、いつもインスピレーションを頂いています。


自分の身に起きていること、世の中で起きていること...

カラダに実際起きていること、手の中から感じられること。


カラダは言葉以上に、さまざまな表現をしています。


どんなに技術や学術を教わったとしても、

あくまでも自分の手を通して感じとれることが、真実だと感じています。


頭でっかちになりすぎず、でも事実を受け止めながら、物事の成り立ちや流れを俯瞰して学んでいく。


"カラダ"を通さない学びは、真の意味では細胞には刻まれないのかもしれないな、といつも思わされます。

それくらい、施術そのもののリアルでビビッドな感覚が、"今"という時に集中させてくれる気がします^^



名もない農家さんの、美和子さん。

みんなから「かあさん」と呼ばれています^^


翌日からの新幹線移動の私に、おむすびと、自家製たくあんと野沢菜を授けてくださいました....!


街へ移動すると、より長野の水や空気、野菜や手作りのごはんの良さが、カラダに染み入るように伝わります。

新幹線利用も多いので、おむすびを持参して、お米の粒を味わいながらの移動。

粒が細かいほどに、そこにはぎゅぎゅっと生命エネルギーが詰まっていると感じます。



薬膳を学んでいたとき、「日本人は、 小麦 ではなく敢えて"八十八手"必要な 米 を選んだ。そこにすべてが詰まっている」という話を聞いたことがあります。


お金や時間、効率...ではなく、「エネルギー」という観点ですべてを見ていくと、

より物事の成り立ちがわかりやすいんじゃないかな、と思います。


おとなであれば、どんなエネルギーに触れ、取り入れ、循環させていくかは自分で選ぶことができます。

そんな積み重ねで、カラダの生命力の土台が出来上がっていく。


そして、何を選べばいいかは、カラダはぜんぶ知っています。

その感覚をつないでいくのもまた、施術の一つの役割かな、と感じています^^


祓って、祓って、その先にあるもの。

それを守るように、輝かせるようにしていくのが、生きていくことの本質かもしれませんね。



名古屋も少しずつ桜が咲いてきました。

今日は雨で残念ですが、久しぶりのしっとりした空気の中、またさまざまを感じつつ。

名古屋時間を味わいたいと思います。


4月もまたどうぞ、よろしくお願いいたします^^












Comentarios


bottom of page