top of page

ルーブル美術館展 -感性と芸術と-

ルーブル美術館展 -愛を描く- を観に行ってきました。



最近になって、ちょこちょこ美術館に行くようになりました。


芸術や文化、歴史...etc

実はどちらかと言うと苦手分野で、テレビや映画などのエンタメにも疎い方でした。


育った環境も大きいと思うのですが、物知りな人と話すとひたすらに「すごいなぁ...!」と思うばかりで、自分から触れることはあまりせず。


旅先でも、もっぱら食にアンテナが傾いているので笑、

美術館や博物館よりも、美味しいものや温泉、神社など...に触れることが多かったです。



でも徐々に、「芸術」そのもの、に惹かれていきました。


施術を続けていると、「感じる」「感じない」の感性の領域がとても大切だということに気づかされます。


膜の動き、内臓の動き、組織の動き...


エネルギーやオーラなどをみる特殊な能力(?)ではなく、

シンプルに誰でも感じられる動きを診ていくにあたって、「感覚を研ぎ澄ます」ことは必須です。


もちろん、はじめから分かる訳ではないので、行き着くところは各々の「感受性」となってきます。


その人本来の感覚を、大切にしているか?

純度そのものが、問われているような気がします。


食べ物でも「本当に食べたいものは何だろう?」と身体本来の声に耳を聴けることは、大切ですよね。

これが「脳」や「感情」が主体になると、ジャンクなものを求めたり(それもある種のバランスですが)、あとで後悔するような選択になってしまうことも。。


ニュートラルって、シンプルだからこそ難しい。


もちろん、感覚って筋肉のような側面があると感じているので、

それにフォーカスするほど、繰り返すほど、感じられるようにはなってくると思います。



シンプルに、自分がすきなもの、ここちよいもの、ピンとくるものを選ぶ。


選択したり、決断できないときも、細胞が「何に反応しているか?」をきちんと感じてあげること。


日々の生活は、じつはこんな選択の連続。

家事も、何気なくやっているようでいて、さまざまな塩梅の中、感覚を使って実践していると思います。


なので、わたしにとっては家事も「瞑想」。

やりこむ程に、シンプルに・ここちよい変化や結果があらわれてくるものだと思います。


話が大分反れてしまいましたが...

そんなこんなで、感性を磨くとともに、芸術にも触れることでエネルギーが発生したり、廻ってくるなぁ...と身体で感じるようになりました。


なので、移動の足などで時間が許せば、美術館をチェックしています。


今回は、ルーブル美術館展へ。


天使やキリスト教、男女や親子の、愛。

絵のうつくしさと、その背景と...

描く、ということの本質そのものに、心惹かれる時間でした。


背景や本質から感じ取れるもの、生でしか味わえない質感や息づかいにも、身体のあちこちから刺激を受けました。



最後の方に、撮影OKのエリアがありました。

表紙にもなっている、「アモルとプシュケ」。

愛の神アモルと、王女プシュケの、はじめてのキス。


代表作なだけあって、圧巻のサイズ感と、エネルギー。

観るほどにさまざまなものが湧いて来て、ずっと眺めていられるなぁ...と思いながら。


うつくしかったです。



LOUVRE と、LOVE 。

ピンクな会場にほんわか包まれながら、グッズもどれも可愛くてとても悩みました。

色の効果もやはり、絶大だな~。


東京の次は、京都で開催されるそうです。

これはまた、観に行ってみたいな...^^


こういう時間も、改めて大切だなぁと思いながら。

読んでくださり、ありがとうございます^^


(ひなまつり×パンダ な上野でした^^)




Comments


bottom of page