7/28安曇野出張を終えて -呼吸の話-



安曇野出張サロン、終了しました。 先月に引き続き、Snappyさんでは3回目の出張サロンでした。 今回はリピーターさんが中心に来てくださいました。

遠方なのでなかなか頻繁には伺えないのですが、それでも心待ちにして下さるのをお聞きすると、ありがたく嬉しい限りです!



お身体の状態から、その間の出来事を伺い、その因果関係をつなげていったり...

雑談ももちろん、いろんなお話を伺いながらの、施術タイム。


世の中の出来事と、カラダの症状という視点で繋げていくのもまた、

「からだはかんぺき」の通り、興味深いです。


余白やゆとりがあると、感覚もしっかり味わえるけれど...

余裕のない状態だと、感覚そのものが 過敏 or 鈍麻 になり、そうなっていること自体にも気づけなかったりします。


身体を固めて固めて、守るように対応していく在り方も、

やはり限度があり、蓄積してしまうものも大きいと思います。



施術後のご感想で多いのは、

「視界がスッキリした」「呼吸がしやすくなった(今まで出来ていなかった!)」

…などなど。


特に呼吸って、何かに集中すると忘れてしまうこともありますよね。

それ以前に「そもそも息が吸えない、吐きづらい...」という方も。


「呼吸と循環」がととのっていると、カラダはある程度の事は対処できるようになっています。

特に、睡眠中は呼吸をしながらカラダが休息&修復しているとき。


そんなとき、あまり酸素が入ってこない状態だとしたら...?

そんな積み重ねって、結構大きいかもしれないですよね。



そのため、ホロソフィーの施術においてはそんな「無意識の」呼吸がととのうよう、

神経や内臓、筋膜、血管 ...etc 全身を診て施術を行っていきます。


ちゃんと横隔膜が下がっているかな?

その下の内臓は固まっていないかな?

胸郭(肋骨)はちゃんと動いているかな?

神経の通り道は、どうかな? ...etc


呼吸が整い、循環していくと、

さまざまな不調や症状も、その後のお身体が自然と治してくれます。

わたしたちはただ、そのサポートだけです。


(いただきものの、ぷりぷりお野菜!)


どんなセラピーも同じような機序だと思いますし、

どんなお仕事も、対象が人や物、自然相手でも、同じなんだと思います。


自分以外のだれかや何かを変えることはできないけれど、

自分の中の滞り(カラダだけでなく思考含めて)にアプローチしていくと、

流れが変化し、視点・視野が変化し、

結果自分も周りも変わったと感じる。


ただ、それだけなんだと思います^^


そして今回はプライベートも含めて、さまざま刺激的な時間でした。

改めて、その土地の人と関わること、そこから感じること。

そんな豊かさにふれ、掘り起こされることがたくさんありました。



(数珠つなぎのように、

行きたい・行くべき所が増えていきます^^)


そんな関わりそのものが、ただただ心地よかったです。

やはりご縁はありがたいなぁ...

また次回に備えて、自分の中での変化を味わいつつ、楽しい時間を過ごせたらと

思います。


2日間、ありがとうございました^^

やっぱり山は、うつくしです。